The Cheserasera “dry blues tour” -追加ワンマン公演-
2017年12月22日(金)下北沢CLUB Que

(文:渡辺真綾)※音鳴りから引用
The Cheserasera “dry blues tour”の追加ワンマン公演として開催された下北沢 CLUB Queでのワンマンライブ。
駆け抜けるというよりかは、じっくりと音楽に向き合っている印象を今年の彼らからは受けていたが、年内最後の主催公演でみせたLIVEは、
丁寧な姿勢の中にも内面をさらけ出すような熱を感じさせる、1年間で得たものを総括して来年へと繋いでいくような、素晴らしいものだった。

長らく続いたツアーの最後を見届けようと集まったオーディエンスの前に、柔らかい笑顔で登場したメンバー。宍戸 翼(Vo/Gt)、美代 一貴(Dr)、
そしてサンタ姿の西田 裕作(Ba)がざわめきを生み出しつつも、言葉よりも先に音が走りだす…という、今日への心意気を表すようなオープニングでLIVEがスタート。
「今年最後の僕たちのイベントに来てくれてありがとう!全力で行きましょう!」と宍戸が吠えれば無駄な力をすっきりと落とした自然体でありながらも、がっちりとフロアを焚き付けていく。
ステージに立っているという事実に、今年の締め括りだという事実。そして何より、目の前の満場のオーディエンスの熱量が3人をステージマンとして駆り立てるのだろう。
“何よりも貴方たちに楽しんでもらいたい”という感情を根底に宿したグルーヴと、ふとした瞬間にステージから溢れる無邪気な笑顔から、
この空間が彼らにとって大切なものであることが伝わってくるように思えた。

自分たちも頑張ったけど、それ以上にお客さんからのレスポンスを強く感じた1年だった、としみじみと話す宍戸。
感謝の意を示しつつ「心をこめて楽しいLIVEをやっていけたらと思います。最後までよろしく!」と告げれば、想い人に囁きかけるような密やかさで『賛美歌』を歌い出す。
近しい距離感を保ったままで大きく広く楽曲を展開していくリズム隊。それぞれが自分の役割に対して自覚的にプレイを重ねていく姿が、力強くも頼もしい。

ロックバンドらしくないかもしれないけど、“ありがとう”という言葉しか出てこない、とはにかみながら宍戸も話していたが、そんな暖かな心模様は楽曲にも現れていたように思う。
柔らかな心境をそのまま反映させたような繊細さで『うたかたの日々』を織りなせば、ひたむきな想いを感じ取ったフロアもハンズアップで応えてみせる。
3人が今まで以上に曲とシンクロして演奏しているように見えたのも、気のせいではないはずだ。
続く『Yellow』では楽曲の持つ力を引き出すようにライブハウスを自分たちの詞世界へと引き込み、さりげなく聴き手の胸中を彩っていく。
それぞれの楽しみ方でどっぷりと音に浸っているオーディエンス。
自分が伝えたい想いを押し付けるのではなく、各々が日々の中で積み上げて来た想いを大切にするように音を紡いでいく彼らだから、フロアも自然な表情で心を委ねることが出来るのだろう。

「みんなの為にと思ってたのに、気付いたら楽しんでた。すごくわがままにLIVEさせてもらってます」と笑顔をみせた宍戸。
自分たちの名前を呼んでくれる声をよく耳にした1年だった、と今年を振り返った彼は「ケセラセラをどうにかしなきゃって空気をすごく感じた」と冗談交じりに口にしながらも、
勇気をもってバンドを広めるために力を貸してくれたことへの感謝を真摯な眼差しで口にする。
言葉は「みんな大体悩みを持ってて、すごく強く生きてきたんだなと思う。それが僕がみんなのことを好きな1つの理由です。応援したいし、応援して欲しいし…
優しくて強くて、そういう人たちばっかりだなって。良い場所に良い人が集まるように、良いものを沢山作っていきたいです」と続き、
「最高の僕たち…3人ってことじゃないよ?みんなに向けて歌いたいと思います」と『Blues Driver』へ。

光が当たっているまばゆい瞬間以上に、圧倒的に多い“ありきたりな日常”を音に宿し、丁寧に紡ぎあげていく彼ら。
調子の良い時に楽しい気持ちにすることは簡単に出来るが、日常を形作っているのは、案外なんでもないワンシーンの積み重ねだったりもする。
宍戸は「みんなに感謝しかない」と何度も話していたが、聴き手の“ありきたりな日々”を尊重し、大切に接することが出来る彼らだからこそ、
オーディエンスも心を寄せて、バンドに力を貸したくなるのだろう。
ツアーを通して何度も披露されてきた同曲が、バンドとオーディエンスの関係性を象徴しているようにも思えた。

「ラストスパート!」という宣言から、ライブハウスに音を駆け巡らせるように『FLOWER』、『思い出して』と楽曲を披露。
今年最後の公演だから、と更に自由な方向へとオーディエンスの心を解き放っていく。
満面の笑みでステージへと手を伸ばすフロアはもちろん、演奏を重ねる3人も振り切ったような晴れやかな表情。
西田のソロから突入した『ラストシーン』では、高揚感が表出していくような展開に思わず肌が粟立つのを感じた。
歌を通して希望をみせるのではなく、自分の力で戦っていくエネルギーを静かに手渡していくように音を鳴らし、最後には『でくの坊』をプレイ。
人間が持つどうしようもない弱さや不甲斐なさも歌にのせて、オーディエンスと日々を歩むための力を分かち合いながら未来を目指していく。
彼らが積み上げてきたものが導いた答えが、満場のフロアには現れているように思えた。

アンコールでは対バンツアーの開催発表と同時に「来年は音源も早めに出せたらなって思ってるんで。新曲も沢山演っていこうと思ってるので、見逃さずにいてくれたらなって思います」と
未来を見据えたコメントも飛び出し、ライブハウスはパッと笑顔一色に。
既に定番となりつつある『I Hate Love Song』での盛大な《笑わせんなよ》コールで火をつけ、
鳴り止まないアンコールに応える形で披露された『After Party Llululu』ではミラーボールが光を散らすなか、少し先の未来へと希望を託してみせる。
1年間で築き上げたオーディエンスとの信頼関係は、きっと彼らのこれからを明るく照らしていくことだろう。
来年は、The Cheseraseraの1年に。3人の活躍に期待していたい。


<12月22日(金)下北沢CLUB Que・セットリスト>
01. 月と太陽の日々
02. Butterfly ( in my stomach )
03. さよなら光
04. 東京タワー
05. 賛美歌
06. まっすぐに
07. LOVERS
08. LOVELESS
09. うたかたの日々
10. 白雪
11. Yellow
12. You Say No
13. AIR PLANE
14. 涙溢れてた
15. ラストワルツ
16. Blues Driver
17. FLOWER
18. 思い出して
19. BLUE
20. ラストシーン
21. でくの坊
22. 愛しておくれ
23. I Hate Love Song
24. After Party Lululu
LIVE PHOTO
2017.12.22 CLUB Que by 釘野 孝宏







copyright© 2017 The Cheserasera All rights reserved.
【 The Cheserasera OFFICIAL SITE 】

▲TOP